脚を脱毛してキレイなつるつる肌のあしになる!知って得する知識があります

MENU

毛の成長と毛周期

脚脱毛を行なう前に、私達に生えているムダ毛と呼ばれているこの毛について少し勉強をしてみましょう。毛に対する知識を持つ事で、いざ脚脱毛を行なう時にも余計な不安や心配が軽減されるかも知れません。

身体に生えている毛は、一度きりの生え方ではなく、一生のうち何度も生え変わっています。その生える時期や期間も個人差や生えている場所によりスピードは大分違いがあります。

毛には身体の成長のように、盛んに伸びる成長期と呼ばれる時期と、成長が止まる退行期、全く活動が止まり抜けて行く休止期と呼ばれる時期があります。この繰り返しを毛周期と呼び、毛周期に合わせて脚脱毛を行なうと効果的な脱毛が行なえます。

特に光脱毛の場合、効果的な脱毛が行なえるのは成長期である毛の細胞が活発化している時に行なうと良いようです。逆に休止期で細胞が眠っている時に脱毛効果は期待できません。

しかし、一度に全ての毛が生えているのではなく目に見えている毛は全体の3割程度というので、時期をずらして何度も同じところを脱毛しなくてはなりません。脚脱毛に限らず、光脱毛では同様に行なわれています。

また、光脱毛以外でも自己処理などのあとにすぐに生えてきているものも休止期から目覚めたムダ毛でしょう。そのため、一度根こそぎ脱毛をしても生えてくると感じるのは、毛周期が関係しているのです。

この仕組みをしっかりと理解しておくことで、脱毛効果をしっかりと判断する事ができるでしょう。

毛深さとホルモンの関係

個人差はありますが、人によってはムダ毛がとても濃い人や薄い人がいますね。あまり気にしない人もいますが、中には悩んでしまうくらいムダ毛が濃くて人前に出るのが苦痛という方もいるでしょう。

男性は特に濃い人が多いですが中には女性でも目立つ人、逆に男性でも薄い人がいます。

これはどうしてなのかというと、ひとつの原因に男性ホルモンが関係してきます。脚脱毛の際には男性に負けないくらいの濃いムダ毛という

女性もいます。女性であるのに、毛深いというのはとても気になるものですし、かなり大きなコンプレックスとなってしまいます。脚の部分は特に目立ちやすいので自然と脚を隠したファッションを選んでしまいますね。

これはどうしてかというと、男性ホルモンは女性でも微量ながら分泌をされています。その男性ホルモンが何らかの原因により、通常よりも多く体内を巡ってしまうと、体毛に作用してしまい毛が太く濃く作られてしまうようなのです。

どうして男性ホルモンが多くなってしまうのか、それはストレスの多い生活や不規則な生活、不摂生な食習慣などが考えられます。

特に、膝下からスネ部分はムダ毛も目立つので脚脱毛を考えるくらい毛が濃くなってしまうケースが多い様なのです。では男性でムダ毛が薄い人の場合はどうしてかというと、男性ホルモンが何らかの原因で少ないということが考えられます。

男性にも女性ホルモンがありますが、女性ホルモンが多くなるということではないのですね。


脚脱毛と毛を薄くする食べ物

脚脱毛を行なう際にはできるだけ効果を最大限に、そして早く実感をしたいですね。そのためには、普段の生活にも注意をしてみましょう。その中でも食事に関するもので、ムダ毛を薄くする効果が期待できる食べ物があることをご存知ですか?

脚脱毛と並行して食事にも注意をすることで、より脱毛効果や綺麗な脚が実現できるのではないのでしょうか。ここで気をつける事は、決していっぺんに大量に摂取をしたからといってその効果が早まるということではありません。

同時に、食べたからといって次の日に実感が出来るわけでもなく、長い時間をかけて少しずつ作用をしていき数ヶ月後には以前よりも若干の違いが分かるかもしれないということです。もちろん、個人の体質もありますし毛質にも違いがあるので一概には言えません。全く気にしないよりは効果のあるものを食べた方が良いということです。

ムダ毛が濃くなるのは男性ホルモンが関係をしているということが分かっているので、食事から女性ホルモンを増やす事ができる作用のあるものを積極的に摂りましょう。その中でも有名なのは大豆製品です。

大豆に含まれる成分が女性ホルモンと酷似した働きをするのです。また、肉料理よりも魚や野菜類を積極的に、肉類は脂肪分の少ないものを摂る様にしましょう。

そうすると、おのずと和食中心でバランスの良い食事が必要となります。健康的な食生活が自然と身体本来の働きを促がし女性らしい身体を作ってくれるのです。

抑毛ローションと脚脱毛

脚脱毛を行なう時に他にも併用して行なうと効果的なものがあります。それは抑毛ローションです。

これは何かと言うと、脱毛とは違い毛を抜いたりするのではないのですが、次に生えてくるムダ毛を抑制し、生えにくくしてくれる成分を含んだものなのです。

成分としては女性ホルモンに働きかけて、ムダ毛を細くさせることができるものが含まれています。代表的なものとしては豆乳ローションでしょう。豆乳の原料となっている大豆は女性ホルモンの働きによく似ており、女性ホルモンの代わりをしてくれます。

ホルモンが豊富であればおのずとムダ毛も細くなり抑えられますので、少しずつ毛も目立たなくなっていくという狙いがあるのです。しかし、即効性はありませんので脚脱毛とともに毎日地道にケアを続ける事で、長い目で見て効果が現れてくると理解をした方が良いでしょう。

そのため、即効性を望む方にはあまり向いていないものと思われます。多くの場合、他の脱毛方法と一緒に利用をされているので、時間の経過と共に主軸にしている脱毛方法の手間や頻度が軽減されていくのではないのでしょうか?

しかし、個人差はありますので人によっては、効果のほどがあまり感じられないということもあるかも知れません。また、大豆以外に男性ホルモンを抑える作用があるもので、オトギリソウという植物が知られています。作用の方法は真逆ですが、体質によってはこちらの方が適しているというケースもあるでしょう。

男性の脚脱毛

脚脱毛というと、女性の脱毛ばかりが注目してしまいますが、実は男性でも脚脱毛について思い悩んでいる人が多くなってきています。

少し前までは男性の脱毛は皆無に近かったのですが、最近は中性的な男性に人気が集まっているため、体毛の濃い男性は不潔感のイメージから嫌煙されてきています。そのため、今では男性用の脱毛サロンもありますし自宅でも自己処理等で苦戦をしている男性が多くなってきています。

では、男性の脚脱毛事情はどうなのかというと、女性同様カミソリやワックスなどを利用している方がいるようです。もちろん、最近数多く販売をされている家庭用脱毛器なども人気があります。

中には脚脱毛のみならず全くの無毛とする男性もいますが、多くの男性は脚脱毛を含めて脱毛はするが、全てを脱毛するのではなく、いくらか残し自然な濃さと量を希望する男性が多いようです。

要はムダ毛を間引いた状態として今よりも薄くした状態を自然に作り出すことを希望しているケースが多いようです。

男性はホルモンの関係からどうしても毛が多いですが、全く毛が無いというのも嫌なのですね。そのため、間引くつもりの脚脱毛であれば脱毛サロンなどの利用に人気が集まっているようです。

しかし、男性特有の毛の硬さや濃さから、光脱毛で行なうと十分な脱毛効果が上がらない事もあります。しかし、男性の場合はレーザー脱毛や電気針脱毛の方が痛みは大きいですが、効果も期待できることが多いようです。